口の中をはじめ、口の周囲やそれらに関連するあらゆる疾患、出来もの(悪性、良性腫瘍)、骨折、膿の袋(嚢胞)、口内炎、奇形、埋まっている歯の抜歯(埋伏抜歯)、歯の移植、人工的な歯根(インプラント)、顎の足りない所への骨の移植(骨造成)、その他の疾患を治療いたします。『親知らずの抜歯』や『顎関節症の治療』など、むし歯と歯周病以外のお口の中の病気を専門とするのが、歯科口腔外科です。

当院で行っている口腔外科治療

  • 埋伏智歯(親知らず)抜歯

    埋伏智歯(親知らず)抜歯の写真・イラスト

    通常の抜歯とは異なり、骨に埋まった親知らずは、骨の削除や歯の分割が必要になることがあります。このような難易度の高い抜歯にも、正確な診査と熟練した技術で対応しています。

  • 顎関節症の治療

    顎関節症の治療の写真・イラスト

    口の開け閉めの時、耳の前の顎関節で音がする、顎を動かすと痛みがある、開きにくい、といった症状が生じる場合、顎関節症の疑いがあります。顎の動きを安静にし、関節への力を軽減するスプリント治療を主に行います。

  • 歯の移植・再植

    歯の移植・再植の写真・イラスト

    症例によっては、歯を抜いた場所に、他の位置にある歯を移植したり、通常の根の治療では歯が残せない場合、一度抜歯して歯の根の先の病巣を取り、再びもとに戻す再植を行います。

  • 歯根端切除術+嚢胞摘出術

    歯根端切除術+嚢胞摘出術の写真・イラスト

    歯の根の先に膿が溜って根の消毒だけでは治らない場合に根の先の感染している部分を切除し、同時に膿の袋を摘出します。

  • 外傷(歯の脱臼、破折、嵌入など)

    外傷(歯の脱臼、破折、嵌入など)の写真・イラスト

    滑って転んだり、階段から転落したり、けんかや交通事故などで歯を強くぶつけると、打撲・脱臼・破折・嵌入など、いろいろな外傷をおこします。

  • 口唇裂傷

    口唇裂傷の写真・イラスト

    転んで下顔面を受傷すると、歯で唇を切ってしまうことがあります。唇や顔面の皮膚が切れて穴が開いている場合は、唇や皮膚を縫い合わせます。歯や歯槽骨が動いているときは、動いている歯や骨を整復したあと、前後の歯とワイヤーと接着剤で固定します。

幅広い治療内容を扱っています 診療案内